冬の富山はいろいろ素敵です。

Toyama 2017 Jan

カメラの中に眠っていた画像をアップロードするのが遅れてしまい、順番が前後してしまいましたが。今度こそ女性エンジニア外資系OLらしい記事となります。
一筆書き乗車券で行ってきた富山について少し書きたいと思います。富山に行くのは初めてでは無かったのですが、ガチ観光めいたことは実はしたことが無くて。いつも羽咋から氷見を抜けて高岡から金沢にドライブとか、信州方面に行くときの通過点としての印象が強くお隣さんとして育ったにもかかわらずあまりよく知らないなと思いました。

Toyama 2017 Jan

富山という名前にふさわしく山に富んでます。

今回は半日強時間があったので、駅前から電車に乗って岩瀬という港町まで足を延ばしてみました。岩瀬は満寿泉で有名な増田酒造のある町で、少しレトロな街並みが続きます。

Toyama 2017 Jan

Toyama 2017 Jan

酒蔵で有名なこの町は街並み全体がすごくレトロで、金沢の東山や高山ともまた違う、強いて言うなら鶴来とかに近い感じの古き良き日本の街並みが続くそんなところでした。

最後はお約束の寒鰤と日本酒で堪能させていただきました。

Toyama 2017 Jan

旅って楽しいですね。車を使わない旅は国内ではほとんどしたことがなかったので電車旅もたまにはいいなと思いました。

ぐるぽん的な肉食会に行ってきた

食べてばかりの話が続きますが、連続して行ってるわけじゃないw

先日、グルポン系のクーポンの恩恵で、恵比寿で999円焼き肉を食べてきました。

にく

コースは、通常4500円のもの。

サラダ、キムチ、ナムル、牛タン、トントロ、カルビ、特上ロース、ハラミ、ホルモン、ごはんか麺、デザートと充実。

おせち事件があったところだったのでかなり懐疑的だったのですが、これは正解な気がしました。

ちなみに飲み放題1800円ですが、中身には山崎ハイボールとか豪華なお酒まで含まれています。

グルポン系のクーポンを買う場合は、食べログあたりの口コミ情報がそれなりに充実しているお店のものを買い求めると正解な気がしました。

私はリスクヘッジのために買わないですが。。。

グータン的あんきも会に行ってきた

ずいぶん前なので、いまさら書くのも恐縮なんですが。

あんこう

巨大なあんきもとあんこう鍋、食べてきました。

結果的に女子会になったので、なんとなくグータンみたいな始まり方とどぎまぎするようなシチュエーション。

でも、どちらも私が大好きな「さばさばした女性」だったので、お酒をいただくとかなり居心地のいい会でした。

貴重なあんこうのつるし切りを見ることもできました。

驚くような手さばきであっという間にあんこうがバラバラになっていきました。

 

あんこう

冬の寒い日に脂ののったあんこう鍋、とっても素敵でした。

もちろん、翌日はお肌つるつるですぞ。

旬の岩牡蠣を求めて能登路

岩牡蠣

実家(金沢)を拠点に遅めの夏休みをいただいているのですが。

東京と変わらないくらい暑い。

朝晩の気温がやや低いのと田舎セキュリティ(窓を解放して就寝OK)のおかげでいつになくサマータイムという健康的な生活を送っています。

さて、夏の北陸の名物といえば、岩牡蠣。

親戚に漁師がいたので子供のころから大人の握りこぶし大の大きな岩牡蠣を食べていました。

大学生になるまで、牡蠣の旬は夏だと思っていて世の中的には冬の食べ物だということを知った時にはかなり驚愕でした。

本当の旬はお盆までなのですが、8月いっぱいまで漁は解禁されているので行くところに行けば食せる…ということで車を飛ばして七尾まで。

金沢からは環状線(山側、海側)、国道等から能登有料道路に入るとスムーズです。

いや、がんばって農道を経由する方法もあるのですが、土地勘がない人にはおすすめできません(ナビにない道路が多かったりするので)。

徳田大津インターを降りてしばらく走ると、七尾駅から数分くらいの場所七尾食祭市場はあります。

食祭市場

七尾までは車で大体1時間ちょいくらいです。

このサイズの牡蠣が1個700円で、その場で開いてもらっていただけます。

小ぶりなものは400円からありますし、状態をよく見るとよいと思います。

殻が濡れているほうが一般的に新鮮な岩牡蠣です。

市場ではないところで牡蠣を入手するなら、宮本水産さんがおすすめです。

中島町まで行くことになるのですが、都内の料亭が直接おとりよせするようなキレイな牡蠣を卸値ちかいお値段で買うことができます。

中島町は冬用の牡蠣の養殖もさかんな地域なので、冬場も牡蠣がいただけますよ!

 

余談ですが、市場で取引されている岩牡蠣はきれいに海藻を取り除かれて清掃されています。

漁師さんから直接取り寄せた場合には海藻がうじゃうじゃついていますよ。

 

それから能登島まで。

能登島には橋が2本あるのですが、どちらの橋もわたるときの絶景(海、空、緑!)がとても素敵です。(運転していたので、写真はありませんがw)

能登島にはガラス美術館や水族館といった施設があるのですが、私のお気に入りは陶芸品とレストランです。

水族館は夏安い最期とあって、かなり混雑していたので入場前にあきらめてしまったのですけどね。

はいから食堂さんは、地元能登の食材を使った洋食です。野菜中心のピザやお魚料理がとてもおいしいです♪

能登島

テラス席だったのですが、目の前の内浦の海はもう絶景。

写真だけみるとハワイとかリゾートを思わせる感じ。(いいすぎw)

能登島
能登島

 

夏の時期に北陸を訪れるならおすすめのプランですよ。

男子ごはん。おかわり。

lunch

↑きゅうりとモツァレラチーズの味噌和え

おいしいけれど、ちょっと途中で飽きてくる…

 

番組がはじまって2年くらい経っているんですが、毎週楽しみに見てしまう「男子ごはん」家でも何度かリピートしている。

 

lunch

↑パプリカとピーマン、タコの炒め物。

おいしいけど、ピーマン好きじゃない…

Enoshima

↑ビピン麺。こいつはおいしすぎて定番化。

ゴマキムチがおいしいことに気づく。

 

などなど、最近のレシピのリピート率が上がっています。

ケンタロウさん素晴らしい♪

中華街に犬を撮影しに行ってきたw

Dog in china town 中華街の少しはずれの雑貨屋さんの看板犬。

すごーくおとなしい子で、もふらせてくれるいい子でした。

しかも大きい!

China town

中華街特有のちょっと異文化的な公園。

China lunch

ランチに食べた五目焼きそば。

好みとはちょっと違うけど、お酢をかけていただきました。China lunch

ランチに食べた、石焼トンポウロウどんぶり。ごはんがチャーハンになってておこげもおいしゅういただきました。

タイフェスティバルに行ってきました

タイフェス
毎年恒例の代々木公園でのタイフェスティバルに行ってきました。
シンハー(400円)と、パッタイ(タイ風焼きそば)、トムヤム、サテ(焼き肉)、カオマンガイ(とりごはん)をいただきました。
食べ物が全部500円のワンコイン製なので、お財布にもやさしいイベント。
すごーく混雑していますが端のほうのテントとか意外と穴場で座れるのでチェックしてみるとよいと思います。

タイフェス
パッタイ。個人的にはレモンとかかけたくなる味。

タイフェス
サテ。スパイシーでおいしい。

タイフェス
トムヤム。酸っぱい辛さは控えめ。パクチー効いてる!