オーストラリアのSIM事情

今回、渡航前にSIMせんせいにいろいろ聞いたのだけど。

オセアニアは最近行ってないと言われてしまったので、現地調達を試みました。

いろいろ悩んだのですが。

現地で一番役に立つのは…iPadということで。

iPadのみの契約をゲットすることに。

vodafone.auの店員さんいわく、電話機に入れ替えて通話やTetheringとかSMSをしたいのであれば、$2 SIMに$30チャージで3GBまで使えるSIMという方法をとるのがいいそう。

データ通信だけであれば、$30で4GBまで30日間使えるSIMがあって、これがおすすめだそうな。

正直、SIMロックさえなければ手元のiPhoneのどの子かにいれてTetheringでiPadを使うとかできたのですが、できません。

かわりに、iPadどからTetheringでiPhoneをつかうとかそういう利用方法が無難。

設定しづらっ。そして荷物が重くなるイメージ。

Telstraもほぼ同じプランでしたが、いろいろなところに持ち歩いたところ、エリアカバー率はTelstraのほうが良い印象だったのでSBMのローミングに使用しました。

Air Playを使ってMacの画面でプレゼンテーションを行う

会社の人に教えてもらってとっても役だったので備忘録がてら。

Air Play機能をうまくつかって、MacやPCのディスプレイにiPadやiPhoneの画面を飛ばしすためのアプリケーションが出ている。

Air ServerというツールでMacやPCにツールを入れれば準備OK。

後はiPadやiPhoneと同じWiFiに接続してペアリング設定してあげれば使用できる。

アプリケーションに制限は特に無いところもよいですね。

期間限定で、フリートライアルできるのだが、実際買ってしまったほうが早い。

お値段も今時点ではPaypalで$14.99USD=1221JPY程度とかなりお安い。

AirServer
設定画面もシンプルで、デフォルトでそのまま使える。
AirServer
これで、iPad用のディスプレイコネクタを忘れた場合にも、プレゼンで困らないですね。
しかもリモート操作できるので、見た目もかっこいい。
今後試したいのは、WebEXで画面共有している場合に、Air PlayでiOSからもってきた画像がさらにWebEXで共有できるのかどうかとか。
少しの工夫で楽しくなりますね。
I先輩、ありがとうございました!!!

iPad2を個人輸入する方法

日本ではまだ発売日すら決まっていないiPad2ですが、個人輸入をしてみました。

1台目は同僚に買ってきてもらったのですが、保険というかお願いするより前に調達プロセスに入っていたのでそのまま知人に譲るために輸入した感じです。

iPad2は一番下のWiFi16GBモデルです。

利用したのは、comGatewayという代行会社。JCBと提携しているのがわずかな安心ポイントです。

結論からいうとサービスレベルは低く、1つのプロセスx1日以上を必要とするのろさです。

手数料は商品代金の10%これを税金の高い州で購入したと受け取るか?

送料はDHLと提携しているだけあって良心的です。

まず、オンライン上でAppleストアの内容を見ながらcomGatewayへ注文します。

「iPad2は人気商品ですし、当初同一住所への複数販売を控えていたため商品確保が難しい。一番最初の大量購入ロットの到着予定」を知らせる旨のメールが英文で届きます。

その後、大量購入のロットから引き当てられるという連絡が来ました。

この間、カード決済は行われません。(つまり、レートを見ての発注操作は自分ではできません)

しばらくして、日本語で「ipadは人気商品なので…」と英文と同じ文面のメールが届きます。

自動返信系のメール以外での日本語はこれだけです。

 

その後、大量購入ロットから引き当てるけど、本当にほしかったら今すぐメールに返信してっていう内容のメールが来ます。

次に今すぐ決済手続きをしろという内容のメールが来ます。

決済手続きを言われるまま進めます。

翌日、「黒しかないけどいいよね?」という内容の確認メールが来ます。

OK、とにかく早くほしい。と思いながら…

DHLの発送は国内では佐川急便が代行していました。

いつもの飛脚クオリティ。

関税分の費用を電話で言わない、未来不在票をいれるというダメっぷり。

 

◆かかった費用◆(代金の決済時期のレートになります。)

iPad2 代金: $499.00

手数料: $49.90

国際配送料:    $43.65

燃油サーチャージ: $5.67

保険料:            $3.85

———————–

total:            $602.07

関税 ¥1,200

立替納税手数料    ¥735

 

5万円台~6万円台が妥当な価格となります。

expansysあたりでまだ7万円台なので、安いといえば安いことになりますね。

オークション落札等を考えている場合は、比較してみてはいかがでしょうか?

 

◆かかった日数◆

ほぼ1か月半程度。

 

忍耐力があって、英語でのメールやチャットのやりとりがなんとかなりそうだと思う方はおためしあれ。

ビジネス用途のiPad2に入れておくと良いソフト

20110419-234023.jpg
私のiPad2の1個目の画面なのだけど。

シンクライアントのVMware VIEW及び Pocket cloudを使っています。
どちらも接続先はVMware VIEWの環境だったりするのですが、Apple製品でWindowsが動いているのを見るのは結構壮観です。

もひとつ入れているのが、Artline Boardというホワイトボードアプリ。
Boogie Boardの代わりとして、ホワイトボードセッションの練習やアーキテクチャの細かいところを説明するのに使います。

それから、愛用しているEvernoteはっきりいってiPadのクライアントの出来はかなり良くてMac用のものより好きだったりします。
PDFを入れたり、議事録めもをとったり楽しいですよー

それからKindleとPDFビューア。このあたりはどんなドキュメントを読むのかに依存。
とにかくiPad2 2日目。会議中にも触ったりとイロイロ試してます。

iPad 2をGetして一番初めに入れたもの

ついにゲットしました。iPad 2

会社の同僚がUS出張の折、貴重な1台をゲットしてくれました。

ので…なぜか日本で使えないVerizonモデルの64GB。

でも、Pocket WiFiとかと組み合わせればいいので、全然苦じゃない!

 

そんな私が最初にインストールしたアプリは…

VMware ViewおよびPocket Cloud(Pro)。

要するにiPadで動くWindowsが見たかったんですね。(怖いもの見たさ。)

さっそく、インストールしたのですが。

運が悪くPCoIP環境につなぐことができず、普通のRSA経由でのデスクトップの接続だけ試しました。

何がいいって、結構感動的なんですよねー

当分の間、はまりそうです。

 

早いところ、純正の風呂のふただけじゃなくていろいろなアクセサリ準備しなきゃなぁ

Typoというご指摘いただきましたが、キャリア名称なのでVerizonであってます。