iTunesのライブラリをNASに配置してみた

Holiday休暇最大のイベントとして行ったことなのですが、やってみると大して大変なことではありませんでしたw

常日頃、iTunesでドラマのシーズン買いをHDでやったりしていたので、愛用のMacBookのHDD(500GB)はパンク寸前になっていました。

このままだと、せっかくメモリフル搭載でなおかつVMware Fusionが入っているのに外付けディスクなしではゲストの1つも起動できない…

という単純なリソースの行き詰まりがきっかけ。

 

すでに、バックアップ用にLinkStationというバッファローの安価なNAS装置をTimeMachine用途に導入していたので、もう1台導入してiTunesライブラリのNAS配置&レプリケーションを設定することにしました。

自宅の機器構成Before

image

After

image

引っ越しにあたってはこちらのコミュニティの記事を参考にMacのiTunesフォルダ以下をすべて外出しすることにしました。

ただ、その時バックアップ面で不安が残るので、Link Stationの機能で既存のLink Stationにバックアップを日時で取得することにしました。

とりあえず、Link Stationが同時に2台障害に合わない限りデータ損失の無い構成です。

本当はNetAppのFAS2Kシリーズとかほしいところなのですが、家庭なので手軽な方法が一番ですね!

データ移行がかなりの問題だったのですが、MacのFinderからのコピーは1000件程度でなぜだか停止してしまうので、Backup+FolderというRsyncを利用したRobocopyコマンドのようなツールを利用して実施しました。

このツールはとても便利で、よくできています。これでフリーっていうのはとても作者の努力が感じられますので、利用された方は是非、Donationしてあげてください!

HDDは基本的には3~5年の寿命のものなので、冗長化を考慮したバックアップを取得をすることは後で泣かないためにも重要なことだと思います。

 

ちなみに、このCoolなアイコンはVMware社のサイトからお借りしました。

お仕事でもよく使わせていただく秀逸なデザインです♪

iOS4.0.1にアップデートしてみました。

なんだか蒸し暑くて、今朝は4時くらいに起きたのですが、ちょうどそのタイミングで公開されていた、iOS4.0.1にアップデートしてみました。

 

iTunesでiPhoneを左側のツリーで選択して、「Check for update」をクリックします。

確認のダイアログが出るので、「download and install」を選択します。

image

 

image

ライセンスに同意したら、あとはまつだけ。

10分程度で終了しました。(私の環境はMacで、iPhoneもMacも英語環境です。)

完了後の画面はこんな感じ。

image

iPhone4 が届いた!

オンラインショップで予約し、無事初期出荷にありつくことができたiPhone4ですが。

届いてからも使うためにいろいろしなければいけません。

今回はモニター中のIXY30S最後のレポートとなります。

正直、返却したくないなーって思うようなと製品でした。

さておき、iPhone4のレポート

オンラインショップで購入すると、シュリンクがされたまま送られてきます。

要するに、ショップ販売でいうところの「お姉さんのほうが先に触って指紋べたべた」という状態がありません。

同梱は、iPhone4専用のmicroSIM。
iPhone4

まず、このmicroSIMをiPhone付属のカギのような工具を使って、SIMトレイを開けて挿入します。
iPhone4

iPhone4
そしてお待ちかねの電源ON!

PCのiTunesに接続します。iPhone4

私は3GSからリストアするので、Continueをクリックしました。

この段階で、iPhone4には”Waiting for Activation”というメッセージが表示されます。

次は、Activationですが。

Webで行ったのですが、不安なことが起きたので結局電話で確認しちゃいました。

Webでの実施方法は、iPhone発送メールにあるリンクをクリック!

ですが、待てど暮らせと切り替わらない。

コールセンタに電話すると、30分程度回答を待たされ、こんな回答をもらった。

  1. 3GSおよびiPhone4の電源を切る
  2. 2時間程度待つ
  3. iPhone4の電源を入れる。 この時点でActivationできれば完了です。(私もここだった)
  4. さらに電源を切って1時間待つ
  5. それで切り替わらなければGeniusBarあたりに持ち込む(機体の故障の可能性があるため)

2時間新旧の電話使えないって携帯メーカーとしてどうなんだろうというのはさておき。

Webにもどこにも書いていない内容だったので、記述しておきますね。

Activationが終わっていない状態で電源をOnすると、普通にSIMカードを抜いた時のような利用ができます。

ちなみに、切り替わった時にこの申し込みメールアドレス宛てに連絡のメールが届き、新しい端末にSMSが届きます。


これで完了!