macOS Sierra のゲストマシン作成方法

Apple の macOS  は OSX の頃から、Apple 社製の H/W での VM 作成を EULA 上許可しています。

仕事で検証環境が必要になったのでご老体の Mac Book Air (新しい Mac Book Pro  あたり、そろそろ本気で購入考えなきゃいけないレベルまで来てるのですが、、、コストとの兼ね合いもあるが、欲しくなる端末が出てないという酷い状況です。)ともあれ、 mac OS Sierra のゲストマシン作成の手順を備忘録がてら残しておきます。今回は画面キャプチャ無しで細かい手順はなしです。

 

前提環境

macOS Sierra 10.12.5 (macOS Sierra にアップグレード対象の端末であれば何でも。)

VMware Fusion Professional Version 8.5.8 (5824040) (最新のほうがいいです。Professional である必要はありません。)

1. インストール媒体の準備

App Store で macOS Sierra  のダウンロードを行います。デフォルトではダウンロードパスは/Applications/Install\ macOS\ Sierra.app になります。例のごとく、.app パッケージ内にすべてのモジュールが入ってますので、インストールメディアを作成される場合はここから createinstallmedia を実施するのですが、VMware Fusion にはダウンロードメディアを指定することで直接インストールを促すということが可能な機能があります。

 

2.VMware Fusion での仮想マシンの作成

VMware Fusion の Virtual Machine Library で Add -> New -> Install from disk or image を選択し、前述のパス /Applications/Install\ macOS を指定します。

Create する時に”Unable to create the installation medium” と表示され継続出来ない場合があります。この場合は Utility -> Disk Utility で macOS Sierra のインストール媒体をアンマウントしておきます。

これで仮想マシンのイメージが作成されました。後は macOS Sierra のインストールを画面に従ってひたすら実施します。

 

Fusion は Open Source にでもなったんでしょうか? GitHub にリポができてたのですが、どうやらオフィシャルのものではなさそうです。いい製品で私もずっと愛用しているし、そもそも VMware の社内のフィードバックを元に開発された製品なので、なんとか続いて欲しいものです。

 

参考資料

https://support.apple.com/ja-jp/HT201372

https://github.com/VMwareFusion

広告

そういえば、vExpert の6年目いただいていましたよ

26463455195_6e4e782c65_z

こじらせ女性エンジニア外資系OL的に。3月3日は桃の節句です。

まだ私がいろいろ拗らせる遙か昔、幼少の頃、姉と共有で17段の立派なひな人形を飾ってもらっていました。3歳くらいの頃には父親のFM7で遊ばせてもらっていたので、既に拗らせる前兆はあったのですが、それはまた別の話。別の時にでもご紹介しましょう。

さておき、タイトルの件ですが、去年もう申し込まないって書いていたのですが、自分の予想が的中しているのかを知りたくて懲りずに申し込んだところ通ってしまいましたわーい!すごーい!せっかくだから有効活用したいので、それに併せて VMTNJ や myLearn のアカウント復活を依頼しています。まだ、メールアドレス変更できない状況でログインできない状態にされていますが、未だに一番のポイントゲッターというところにもう少しでいいからコミュニティが盛り上がっても良いのでは無いかと部外者ながら考える次第です。わーい!すごーい!

いくつかのスレッドに対しては、答えが即答できそうなのに回答もできなくて、ちょっと歯がゆかったです。

community__japan___vmware_communities

未だに元中の人でその後他社でご活躍されていらっしゃる方がランキング上位にいらっしゃるのも少し寂しい限りです。

gowatana さんは相変わらずご活躍されていらっしゃるので、人ごとながら少し安心しています。そろそろこちらではなく TechNet forum あたりでもご活躍いただいてもよいのですよ?とわがままを思っていたりいなかったりして。

そうそう、現職の職場で大々的に報告しないのは、このようなこともありますが VMware から来た人呼ばわりされるのも、仮想化に強い人呼ばわりされるのも本質的に居心地が悪いことからだったりします。まだおまえはよその人だよぐらいな聞こえ方しますよね。

 

 

わたし、そろそろ現職での特徴出した方がいいのですかね。ゴリ押しニックネーム、まだ募集してますのでご安心くださいませ。

元々ひけらかす性格じゃ無いのは知り合いの皆さんならご存知だと思いますが、流石に今回のような自分はほとんど何もやっていないのに過去の自分の貢献の貯金で今年も受賞しちゃったことをひけらかすことはできないなと素直にとらえております。

いずれにしても、アワードプログラム内で AWS の資格とりましょうとかきているので、どこを目指しているのか老婆心ながら少し心配ではあります。

 

とにかく、去年ブログ数回程度でしか貢献できていないので、来年こそだめだろうなと決め台詞を書いておきます。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

VMware Fusion のよくある質問に答える Bot の部品作ってみた

この記事はvExpert Advent Calendar 2016 のためのエントリとなります。本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

元々、エントリーした時には「運用管理系のはなし(WSLかASR系のこと検討中)」と言っていたのですが、諸事情あって、このネタにしました。

先日、QnA Maker というサービスが Preview 公開されました。 これは、Microsoft の Bot Framework や他のBot サービス基盤で簡単にQ&Aを返すボットの処理を組み込めるというものです。

URL やテキストファイル、PDF ファイルや Word ファイルを元に Q ( Question =質問)と  A ( Answer =回答)のセットを抽出し、インデックス付けとランク付けをしたものをナレッジベースエンドポイントとして提供し、 Microsoft Bot Framework やほかの Bot サービスとつないでいろいろなチャットを行うボットの機能の一部として利用可能なものです。

https://qnamaker.ai/Documentationよりリンク

 

利用方法は3ステップとなります。

1.Knowledge Base Q & A のセットを準備する。 (Webサイトやテキストファイル、OCR情報つきPDF、Wordファイル等がサポートされています。)

2.Test チューニングする

3.Publish 公開する

 

能書きはともかく、早速使ってつくってみます。※Microsoft Account を事前に準備しておきましょう。

1.QnA Maker サイトにアクセスし、「GET STARTED」をクリックします。

2016-12-22_18h47_47

初回はログインを促されるので、Microsoft Account でログインしましょう。

2.QnA Maker の作成

①サービスの名前をつけます。今回は VMware Fusion FAQ という名称にしました。

②通常ならFAQページのリンクをいれるだけで勝手につくってくれるのですが、サイトのつくりによっては判断できないため( VMware さんのサイトは判断できないつくりになってました。)

2016-12-22_19h50_07

困ったので、ファイルに QnA をまとめてアップロードすることにしました。
アップロードで読ませられるファイルの形式はドキュメントによると下記になります。

1.    .tsv: QnA contained in the format Question<Tab>Answer
2.    .txt, .docx, .pdf: QnA contained as regular FAQ content, i.e. sequence of questions and answers.

ですが!!!VMware Fusion のオフィシャルFAQサイトは、回答が複数行な内容も多く .tsv 形式のファイルを作成するのは結構つらいです。

タブキー区切りですが、半角スペースが入っているとファイルから読み込めないようなので、ファイルからのインポートをあきらめ、直接コピー&ペーストすることにしました。(疲れた、、、、)

2016-12-22_20h44_45

※ソースは手入力の場合はEditionalと入ってるので入力できませんのでご注意ください。

Q and A を入力し終えたら、いよいよTest のフェーズになります。

3.左側のタブのTestをクリックします。

2016-12-22_20h55_02

ひたすらこの作業でフレーズ追加をしたら、、、下記の図のように答えるようになります。 2016-12-22_21h00_15

 

 

最後に右上の「Publish」をクリックします。

2016-12-22_21h01_44

2016-12-22_21h02_54

無事Publishできました。

Chrome Extention を使用してテストすると下記のような結果が返ってきました。

2016-12-22_21h20_56

2016-12-22_21h21_05

このように、QnA Maker を使用すると簡単にFAQを返すモジュールが作成できます。

明日は、大塚さんの番になります。

 

 

vExpert を5年連続でいただいて思うこと

 

VMW-LOGO-vEXPERT-2016-k-1

このブログは個人の意見であり、本人が所属している、していた組織や会社とは一切関係はございません。

「なかのひと」ではなくなったので、堂々と書いていいことだと思うので書かせてください。

2012年枠で社員がこれまでスコープ外だったところから制度が変更されました。

私(その頃は勉強がてらVMTNJコミュニティの質問を拾うのを仕事外での日課にしていたので、Community Leader にはなっていました。)と先輩のIさん(書籍やブログで情報発信をしていた)とでApplyしたところ、通ったというのがはじまりでした。

翌年も活動を広げて、当時vExpertだった人の中で日本に住んでいる人達のネットワーキングを目的にコミュニティ勉強会を開催したり、懇親会を開催したりと積極的に活動を行ってきました。

別の会社に勤めている今は、他社の情報にそこまで精通してキャッチアップし発信し続ける必要や意欲が無いため、もう継続することは無いと思います。

その活動の延長で去年までやってきたのですが、今年のvExpertが決まってひとつ思うことがあります。

初回に「なる」のは審査がそれなりに厳しいが「継続」については落とす方が難しいということ。

というのは、初回の審査でReferenceにある社員の人が「ふさわしくない」と思っていることが伝わったり、活動内容を適切に伝えると、たとえば「ブログ書きましたって」言っても「エントリ数やPV数」が抜け落ちてると落ちることもあります。その年の活動じゃないことを伝えてくる場合たとえば「前の会社でこういうアクティビティやってて3年前に事例になってます」とか、「本書きました(数年前だけどね)」こういうのは落ちます。

でも、「継続」の場合たとえReferenceにある社員の人が「ふさわしくない」と思って理由をつけてエスカレーションしていても、その年の活動じゃないことを伝えてくる場合でも、活動内容のクオリティが著しく低い(たとえばRSSビューアー並の情報発信とか、ホワイトペーパーを作りましたとかそれあなたが対価もらってやってる仕事じゃんっていう内容の)場合でも、初回と同じ理由をつけていても落ちません。

本人が、「もらっちゃだめなんじゃね?」っていう自覚してApplyするのを辞めない限り落ちないのです。

なので、「選ばれた」って継続の人が語るのをいくつか見かけてこの手の違和感をよく感じたりするのですが、そこはきちんと落とすための審査が通らないプロセスに問題があるのだろうと思います。

「誰が」とかじゃなくてね。もう。

私の場合は退職後もVMTNで、日本人で唯一のModeratorのロールをもらっている状態であるというのが一番悲しいことだったりします。本来ならその自称「選ばれた」人達の貢献でModeratorも引き継いでほしかったのです。

 

ぐだぐだ語ってすみません。

結局のところ、良心ってものがあればそれに従って自己アピールしてくださいねってことです。

 

このブログは個人の意見であり、本人が所属している、していた組織や会社とは一切関係はございません。

VMware 徹底入門第4版の電子書籍がでました。

昨年の夏から秋にかけて携わった、VMware 徹底入門第4版の電子書籍版が出ました。

私が担当したのはHA/DRS/vMotionっていう基本機能について紹介しているところですが、自分自身も執筆しつつ章リーダーという謎ロールで他のメンバーとの調整やらレビューやらを泣きながら(っていうのは、タスクマネジメントが。。。ねってことで。)やっていたといところです。

vSphere 6 で大幅にアーキテクチャが変更となったFTのところは、検証してたチームメイトが執筆してたのですが、元ネタが優れててグローバルから英訳してくれっていう依頼が来たほどの内容です。

それだけ、詳しく書いてた資料がなかったってことだったりしますが。

大御所の先輩に「足し算間違ってるよ」っていう指摘からいただいたり。…ごめんなさい。Duncan/Frankの本で私が指摘したのに、自分が執筆するとなるとついまちがってしましました。

いろいろ苦労した本ですが、これは紙の方が使いやすいと思います。

辞書的にくったり付箋貼ったりして職場においておくのが一番かな。

 

この本について書いてはいますが、Amazonのアフィリエイトプログラム以外の収入は私にはありません。

なので、純粋にこの本をおすすめします。

今後Azure Stack等の配下にvSphere もおけるようになってきますので、OMS (Operations Management Suite) の配下に vSphere ではなく ESXi ホスト単体は置けるようになっているようですね。

 

vSphere も徹底入門しておいて損は無いと思いますよ。(ちょびっと上目線)

 

 

ちなみに、私も最終出社日に海外のエンジニアから「おまえのつくった資料の英語版ないの?」って問合せもらってちょっと嬉しかったです。

Workstation の歴史(1999年〜2015年)

Advent Calendar の記事ネタに困ったので、クリスマスにぴったりのみんなが大好きな歴史の話をvExpert なかまのFlorianさんがブログ書いていたので、翻訳公開の許可をいただきました。

16年ほどまえの、ESXiやvSphere より遙か昔に、VMware は最初の製品であるVMware 1.0をリリースしました。VMwareは複数OSを単一のx86マシンで起動することができる最初の製品です。
VMware の仮想基盤のテクノロジは複数のゲストOSが同時に1台のふつうのPCで実行できる薄いソフトウェアレイヤとなりました。

vmware1

最初の製品”VMware”は現在でもVMware Workstationとして利用することができます。

1999-05-15 – VMware 1.0 – 2GB までのメモリをサポート
2000-03-03 – VMware 2.0
2001-11-05 – VMware Workstation 3.0
2003-04-07 – VMware Workstation 4.0
2005-04-07 – VMware Workstation 5.0
2007-05-09 – VMware Workstation 6.0
2009-10-27 – VMware Workstation 7.0
2011-09-14 – VMware Workstation 8.0
2012-08-23 – VMware Workstation 9.0
2013-09-03 – VMware Workstation 10.0
2014-12-01 – VMware Workstation 11.0
2015-08-24 – VMware Workstation 12.0

VMware 1.0
動作環境の要件:Pentium II 266MHz、64MBメモリ以上
仮想マシンは2GBまでのメモリをサポート。VMware 1.0 はMS-DOS 6、Windows 95/98, Windows NT, Red Hat 5.0, SuSE Linux 5.3 and FreeBSD 2.2.8, 3.0, and 3.1をゲストOSとしてサポート。

VMware 2.0
”サスペンドとインスタントリストア”、つまり仮想マシンをディスクに保存してリブートすること無くリストアする機能をサポート。仮想ディスクの圧縮機能及びブリッジ、ホストオンリーネットワークで仮想マシンをネットワーク接続する機能をサポート。

VMware Workstation 3.0
“Repeatable Resume Feature (繰り返し可能なリジューム機能)” サスペンドした特定のポイントで仮想マシンをリジュームすることができるようになりました。ホストマシンにRemote Desktopで接続してゲストマシンを管理することも可能となりました。ゲストOSのサポートはWindows XP/2000, Netware 6.0と最近のLinuxバージョンに拡張されました。

VMware Workstation 4.0
ホスト毎のPAE、USB2.0、DirectDraw(これ、何か正直わからないです。)及びスナップショットをサポート。スナップショットはいつでも、ゲストがパワーオンでもオフでもサスペンド状態でもつくることができ、いつでもスナップショットにリバーとすることができます。Version 4.0はドラッグアンドドロップやホストマシンとの共有フォルダでファイル転送することができるようになりました。

VMware Workstation 5.0
スナップショットの機能拡張により、動作中のVMのスナップショットを無限数の時間毎のポイントでディスクに保存することができるようになりました。(スナップショットの個数って本当に制限なかったっけ?っていう突っ込みあります。)フルクローンとリンククローンをサポートしました。

VMware Workstation 6.0
マルチモニタのサポートと仮想マシンをバックグラウンドで動作させる機能によってデスクトップとサーバーの性能を向上させました。このリリースでは物理マシンから仮想マシンに変換するVMware Converter のConverter Import wizardが含まれました。Virtual Machine Communication Interface (VMCI) でゲストマシンとホストマシンと通信することができるようになりました。

VMware Workstation 7.0
Windows AeroやOpenGL1.4、Shader Model 3.0を表示することができる、新しいWindowsディスプレイドライバモデル(WDDM)をサポートしました。vSphere 4.0 及びESXでのサポートと同じくNestedでのESXホストの稼働をサポートしています。4vCPU 32GBのRAMを最大構成とする仮想マシンまでサポートしました。

VMware Workstation 8.0
64ビットCPUが動作要件となった最初のリリースです。ゲストの仮想マシンで仮想Intel VT-X/EPTもしくはAMD-V/RVIを有効にすることで64-bitのvSphere を含むゲストマシンをWorkstation上で稼働させることができるようになりました。USB3.0やバックグラウンドで自動的にゲストマシンを稼働させる機能もサポートしています。新しいリモート接続の機能によって他のマシンで稼働中のWorkstationやESX4と接続することができるようになりました。

VMware Workstation 9.0
Webブラウザー経由で仮想マシンコンソールが使えるWSXの機能サポート。 64ビットOSやネステッドESXをより少ないシステムリソースで稼働させる機能をサポートしました。Hyper-VのExperimental Support(試験的なサポート)が追加されました。
WSXを有効にする方法についてはこちらのKB(http://kb.vmware.com/kb/2097842)に詳細があります。

VMware Workstation 10.0
仮想アクセラレータ、 ジャイロスコープ、コンパス、光センサーモジュールなどタブレットのセンサー対応。16vCPU 8TBのディスクをもつ仮想マシンのサポート。SSDパススルー機能によりゲストOSの仮想ディスクファイルをSSDに保存でき、物理マシンでSSDを直接使用しているときと同様に最適化された状態で使用することができるようになりました。

VMware Workstation 11.0
ラップトップやx86 タブレットで使用されている QHD+ (3200×1800)の高解像度サポート。vCloud Air に直接ゲストマシンをクラウドに持って行く機能をサポート。EFIで仮想マシンの起動をサポート

VMware Workstation 12.0
Windows 10のサポートに加えてDirectX 10 とOpenGL 3.3のグラフィックサポート。IPv6 NAT ネットワークと4Kモニタのサポート。

一見するとリリースノートを並べただけかもしれない内容ですが、この製品が私にとっても”はじめてのかそうか”だったりしますし、この技術があったからこそいろいろなことを修得することができ、いろいろな人と知り合って切磋琢磨することができました。そう考えるとかなり感慨深い内容だと思います。抄訳していて途中で何この機能?とか歴史を感じることができてとても楽しかったです。余談ですが、仮想HWバージョンはWorkstationの各バージョンとイコールのようですよ。途中から表記が仮想HWバージョンxx と書かなくなってしまい少し残念です…(´・ω・`)
明日はVMwareの髙田さんのNSXに関するブログエントリとなります。お楽しみに!
http://www.adventar.org/calendars/980

Special Thanks
出典:http://www.virten.net/2015/12/vmware-workstation-from-1999-to-2015/ Written by Florian

紫色の診断画面(PSOD)を出す方法

Advent Calendarの1つめの記事は、普段役に立たないけど必要なときがきっと来るようなTipsをご紹介します。
紫色の診断画面(PSOD)とはESXi がパニックした状態で動作を停止している状態です。H/Wの強制的な割り込みを入れると発生させることができます。(http://kb.vmware.com/kb/1014767)
ですが、H/Wに強制割り込みってどう発生させるんだ…と途方に暮れると思います。

安心してください。PSODは簡単に出せますから。

なお、お約束になりますが、明示的に出したいときというのは通常の運用ではまずありませんので、試すときには本番環境は絶対に避けてください。
ダンプコレクタの動作確認だけであれば、Tech Support Mode(http://kb.vmware.com/kb/1017910)でのコンソールログインもしくはvMAから下記コマンドを実行することでダンプを強制的に吐かせることができます。

esxcfg-dumppart -t

このダンプファイルを任意のフォルダにコピーすることでダンプを取得できます。

esxcfg-dumppart –copy –devname “/vmfs/devices/disks/” –zdumpname /vmfs/volumes/datastore1/.1

PSODを簡単に出すには下記のコマンドを実行します。

vsish -e set /reliability/crashMe/Panic 1

このシリーズ、実はPanic以外にもいくつかあるので探してみてください。
このネタは元々外のブログ(http://www.ntpro.nl/blog/archives/1388-Lets-create-some-Kernel-Panic-using-vsish.html)にあったものなので、日本語でリメイクして出してもいいかなーと思っていたので公開しました。
明日は、vExpert界の重鎮であるしろたんさんの番です。
今から読むの楽しみ♪